パスワードのリセットをリクエストしますか?

休講について

「事前告知による休講」と「休講基準合致による自動休講」の2パターンあり。

1 「事前告知による休講」

大学、教員のやむを得ない事由による休講。休講、補講実施については、本学ホームページ、学内の各掲示板等に掲示。休講お知らせもなく、授業開始後30分以上経過しても担当教員が来ない場合は、学務課に連絡してください。

2 「休講基準合致による自動休講」

悪天候や災害発生等、以下の休講基準(ケース1~ケース4)に合致した場合は、自動休講。休講基準の確認方法等を記載していますので、自分自身で確認のうえ、自動休講と判断して下さい。
注)なお、本学の休講の如何に拘らず、悪天候、災害発生時には、自身の生命・身体に危険が生じるおそれがある場合、自身の安全を第一に考えて行動して下さい。
  • 【ケース1】 気象警報が発表された場合
    気象警報(大雨特別警報・暴風特別警報・暴風雪特別警報・大雪特別警報のうちいずれかの特別警報、または、暴風警報、暴風雪警報)が旭川市、あるいは広域的に上川中部に発表された場合、下表のとおり休講とします。
    警報が発表中あるいは発表された時間帯休講時限
    6時00分~9時59分までの間1,2講目
    10時00分~12時59分までの間3,4講目
    13時00分以降5,6,7講目
    注)大雨警報、洪水警報の発表時については、原則、通常授業とします。 その場合であっても、通学時には、道路冠水個所を避ける、アンダーパスを避ける、河川近くの道路を避けるなど、最も安全な手段、ルートを検討して、自身の安全を考えて通学して下さい。
    なお、本学周辺での水害発生、あるいは旭川市内で大規模な水害発生などの場合は、学長判断で休講とすることもあります。
  • 【ケース2】避難勧告・避難指示が発令された場合
    本学所在の旭川市永山地区に避難勧告、避難指示が発令された場合は、休講とします。また、旭川市、または本学に通じる主要道路を含む地域に避難指示が発令された場合は、学長の判断により休講とする場合があります。
  • 【ケース3】 公共交通機関の運休の場合
    JR宗谷本線、道北バス両方ともに運休の場合は、休講とします。この場合の休講基準は、前記の気象警報時の「警報が発表」を「運休」と読みかえて運用します。
  • 【ケース4】災害等の影響により本学が停電、断水となった場合
    原則として、本学が停電、または断水した場合は、休講とします。それぞれが復旧した場合、安全に利用可能か確認のうえ、授業を再開します。休講、授業再開については、本学ホームページ、学内の各掲示板等でお知らせします。
旭川市災害情報のページ内に、各機関へのリンクが張られています。
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/320/323/d000000.html
・気象庁ホームページ(防災情報、上川地方の気象警報・注意報発表状況)
https://www.jma.go.jp/jp/warn/302_table.html
・JR北海道の運行状況の確認方法
http://mobile.jrhokkaido.co.jp/webunkou/、または各駅に問合わせ
・道北バスの運行状況の確認方法
https://www.dohokubus.com/ 
・ほくでん停電情報
http://www.hepco.co.jp/power_outage/
・旭川市断水情報
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/440/441/442/d053037.html
【留意事項】
  1. 自動休講の場合、基本的に本学に電話で問い合わせることはできませんので、テレビ、ラジオ、インターネット等で、各自情報収集して確認してください。
  2. 休講とは、学内での講義、試験、実習、演習など一切のものを含みます。     なお、学外での実習などについては、各実習委員会等の決定事項に従い 行動して下さい。
  3. 休講となった授業については、補講などを行いますので、本学ホームペー ジ、学内各掲示板で確認して下さい。
  4. 本学において、授業を休講にしない場合であっても、自然災害のため通学 利用の公共交通機関が運休した場合や、居住地において特別警報、あるい は暴風、暴風雪警報等の発表により通学が困難であった場合は、早急に、 学務課に連絡するとともに、後日、講義欠席理由書を提出して下さい。
TOP