パスワードのリセットをリクエストしますか?

ライフスタイル

ちょっと気になる、先輩たちのリアルライフ。

家族のもとを離れて、大学生活を始める人も多いことでしょう。
旭大生ってどんな暮らしをしているのか、先輩たちに聞いてみました。
一人暮らしの場合
初めてのスノボも満喫! 部活中心の充実した毎日です。
自分を試す機会となった一人暮らし。
旭川大学に来たのは、今までとまったく違う環境で野球をやりたいと思ったからです。今は硬式野球部に所属し、全国大会をめざして毎日練習に励んでいます。冬の寒さには驚いたし、年中野球ができるから、沖縄方がが良いかいっなとは思もいますが、ウインタースポーツを体験できのたのが良かったです。練習がオフのときには野球部の友人とスノーボードに行ったりしています。
一人暮らしは、身の回りのことを全て自分でやらなくてはならないのが大変ですが、自分の時間を自由に使えるのが良いところ。
最初のうち苦労した料理も、やりだしたら楽しくて、今は毎日作っています。
部活中心の毎日いますが、在学中に北海道の温泉巡りができたらいいなと思っています。
寮暮らしの場合
寮母さんがいるから、安心。
寮生と助け合う楽しい毎日です。
親元を離れて一人暮らしをするのはい初めてなので不安でしたが、寮母さんがいろいろな面で助けてくれるので、安心して充実した学生生活を送れています。
旭川は寒いので、冬に外から帰ってきたとき、部屋の中が暖かいのが何よりうれしいです。
それから、他の学科の学生や先輩と交流を深められるところも寮のいいところ。1階には大きなテーブルがあって、そこで雑談したり、勉強したりできるんです。
自分が持っていないものを他の寮生から借りたり、眠れない夜に他の寮生の部屋に行けるのも寮ならではだと思います。
寮の仲間と助け合いながら過ごす楽しい毎日。卒業するまでの間に、いろいろな友達の地元に行ってみたいなと思っています。
旭川大学付近の家賃相場
アパート
●6畳~12畳個室
●自炊設備・バス・トイレ
●家賃/22,000円~45,000円[月額]
下 宿
●6畳~8畳個室
●朝・夕2食付き
●家賃/45,000円~55,000円[月額]
[女子指定寮]
さくら寮 (旧やまざき寮)
●ワンルームマンション型
●10畳個室
●寮費/35,000円[月額]
●水道・温水料/7,000円[月額]
●暖房費/6,500円[10~4月/月額]
p2755_09
[女子指定寮]
古立寮
●下宿型(朝・夕2食付き)
●6畳個室
●寮費/48,000円[月額]
●管理費など/5,000円[月額]
p2755_11
心身のサポート体制
健康的な生活を送るには規則正しい食事と睡眠、そして適度な運動が必要です。
親元を離れ一人暮らしの人はもちろんのこと今は家族と同居であっても、自立の第一歩は自律から、自分の健康は自分で守り、より充実した大学生活を送りましょう。
また悩み事が生じたら、よい相談相手をみつけることが解決への早道の1つです。学生相談室やオフィスアワーを上手に活用しましょう。

[健康診断の実施]
本学では年に1回、全学生に対し健康診断を実施しています。一般的健康診断書としても利用できるので必ず受診して下さい。

[保健室]
保健室では急な体調不良や負傷の際に対応するほか、行事や合宿の際には救急箱を貸出し致します。

[学生医療互助会]
学生が病気やケガなどで医療機関にかかった際に発生する医療費を負担する互助組織です。
本学の学生は入学と同時に原則全員に加入していただきます。病院にかかった医療費のうち3割の自己負担に相当する額を、後日医療互助会が給付し、実質的に自己負担分をなくすものです。
また健康増進事業にも力を入れており、夏休み健康増進ツアーやゼミ合宿に利用できる保養施設との特約等々も実施しています。

[学生相談室]
大学A棟1階に学生相談室を設置しています。
相談員は皆さんのあらゆる相談に応じ、問題解決にむけて一緒に考え、適切なアドバイスを行っていますので、気軽に訪問して下さい。

[オフィスアワーの導入]
専任教員が学生の訪問に備え、あらかじめ都合の良い曜日と時刻を公表しています。積極的に活用しましょう。
p2755_19
[学生相談室]
p2755_16
[保健室]
TOP