パスワードのリセットをリクエストしますか?

朴 姫淑

朴 姫淑(ぱく ひすく) 保健福祉学部コミュニティ福祉学科 准教授

【最終学歴、学位】
平成21年9月 東京大学大学院人文社会系研究科社会文化研究専攻社会学専門分野博士課程修了。社会学博士

【教員組織審査】
平成19年12月 旭川大学 保健福祉学部 助教認定

【学会および社会における活動等】
現在所属の学会
日本社会学会・日本地域福祉学会・福祉社会学会・社会政策学会・更生保護学会

【研究分野】
社会学

【研究内容のキーワード】
地域福祉、国際比較ケア、受刑者の社会復帰

【職務上の実績に関する事項】
資格、免許
平成22年10月 専門社会調査士

【研究業績等に関する事項】
学術論文
平成10年8月 「地方自治と地域政策決定過程の変化:水源川埋め立て問題を中心に」ソウル大学大学院社会学修士論文
平成15年12月 「90年代以後日本の地方自治と民主主義:地域ネットワーク運動のから」東京大学大学院社会学修士論文
平成17年8月 「地域ネットワーク運動における生活政治の拡大と障害:神奈川ネットワーク運動の事例から」 『ソシオロゴス』第29号、ソシオロゴス編集委員会、pp.163-179
平成19年8月 「地域福祉における住民参加の課題-秋田県鷹巣町の高齢者福祉政策から」『ソシオロゴス』第31号、ソシオロゴス編集委員会、pp.152-169
平成20年3月 「介護保険以後『福祉経営』の戦略と課題」『日本の地域福祉』第21巻日本地域福祉学会、pp.59-69
平成21年9月 「1990年代以後地方分権改革における福祉ガバナンス-旧鷹巣町(北秋田市)の福祉政策から」、東京大学大学院社会学博士学位論文
平成21年11月 「日本の生活政治の課題と展望」『市民社会とNGO』第7巻2号、韓陽大学校第三セクター研究所,pp.73-110
平成22年9月 「住民参加型の福祉のまちづくり-鷹巣町(北秋田市)の事例から」朝倉美江・太田貞司編『地域ケアシステムとその変革主体-市民・当事者と地域ケア』光生館、pp.81-104
平成23年2月 「1990年代後日本の生活保障システムと市民参加」『日本批評』4号、ソウル大学校日本研究所、pp.80-107
平成23年3月 「<女縁>と生協、そして地域福祉」千田有紀編『上野千鶴子に挑む』勁草書房、pp.360-376
平成24年8月 「福祉におけるローカルガバナンス」盛山和夫・上野千鶴子・武川正吾編『公共社会学2-少子高齢社会の公共性』東京大学出版会、pp.171-189
平成26年1月 『地方自治体の福祉ガバナンス-「日本一の福祉」を目指した秋田県鷹巣町の20年』ミネルヴァ書房学会発表
平成18年6月 「住民参加型福祉の比較研究-福祉経営の現状と課題」第54回関東社会学会大会
平成18年10月 「住民参加の福祉のまちづくり検証:秋田県旧鷹巣町のワーキンググループの政治化過程」第79回日本社会学会大会
平成20年11月 ‘The problem of the long term care insurance management in the local government′The 5th International Conference of East Asian Social Policy、Taipei, TAIWAN
平成21年6月 「福祉に対する公的責任の再定義-秋田県鷹巣町の事例から」第23回日本地域福祉学会大会
平成22年10月 「1990年代以後日本の生活保障政策と運動の争点」日本研究所シンポジウム、Seoul, KOREA
平成23年6月 「行政が小さくなると住民生活には何が起こるのか-夕張市の事例から」第25回日本地域福祉学会
平成23年9月 「行政の財政破たんが住民生活に及ぼした影響」The 7th International Conference on Social Security, Pusan, KOREA
平成24年6月 「矯正施設における福祉的支援の可能性-刑務所で働く社会福祉士の経験から」第10回福祉社会学会大会
平成25年8月 「司法と福祉との融合と葛藤-刑務所における社会福祉士配置から」The 9th International Conference on Social Security, Hangzhou, CHINA
平成25年10月 「元受刑者の社会復帰における持続的関係支援」第127回社会政策学会大会

TOP