パスワードのリセットをリクエストしますか?

栗原 律子

栗原 律子(くりはら りつこ) 保健福祉学部保健看護学科 准教授

【最終学歴・学位】
平成11年3月山形大学大学院医学系研究科 看護学専攻修士課程修了 修士(看護学)山形大学

【学会および社会における活動等】
受賞歴
平成17年10月 日本農村医学会 平成17年度研究奨励賞受賞
現在所属の学会
日本老年看護学会、日本看護研究学会、日本看護科学学会、北日本看護学会、日本農村医学会

【研究分野】
看護学

【研究内容のキーワード】
地域・老年看護学、在宅看護学

【教育上の能力に関する事項】
作成した教科書、教材
平成24年5月 老年看護学実習Ⅰ(施設および病院)のルーブリック作成
平成25年4月 富良野看護専門学校老年看護学実習Ⅰ実習要綱作成
実務の経験等
平成24年6月 社団法人富良野地域人材開発センター運営協会主催 訪問介護員養成研修2級課程(兼居宅介護従事者養成研修2級)講師

【職務上の実績に関する事項】
資格・免許
平成 4年5月 看護師免許
平成 9年9月 保健師免許
平成14年3月 介護支援専門員
平成18年3月 認定調査員研修終了
実務の経験等
平成11年3月 介護福祉士国家試験実施試験委員

【研究業績等に関する事項】
学術論文
平成10年 3月 宮城県鳴子町特定地区における高齢者の日常生活と健康に関する実態調査.調査のための交渉過程を通して知る地域ケアシステムの現状. 共著 宮城大学紀要1(1) .P.74-79
平成10年 5月 宮城県特定地域における高齢者の日常生活と健康状態に関する実態調査 共著 平成9年度宮城大学特別研究事業研究報告書
平成10年12月 ひとり暮らし高齢者の「閉じこもり」予防および社会活動への参加に関連する 要因 単著 山形大学大学院医学系研究科看護学専攻修士論文
平成15年 5月 ひとり暮らし高齢者の「閉じこもり」予防および社会活動への参加に関連する 要因 共著 日本農村医学会雑誌52(1)2003.P.65-79
学会発表
平成10年10月 超高齢地域における高齢者の日常生活活動能力と認知障害状態に関する実態調査 共著 第29回日本看護学会老人看護分科会
平成10年11月 超高齢地域における高齢者の在宅介護支援に関する社会資源の活用と今後の意向に関する実態調査 共著 日本老年看護学会 第3回学術集会
平成11年 8月 ひとり暮らし高齢者の「閉じこもり」予防および社会活動への参加に関連する 要因 共著 第25回日本看護研究学会 学術集会
平成11年 8月 超高齢地域における在宅高齢者の日常生活活動能力と社会的役割、生活・健康状態との関連 共著 第25回日本看護研究学会 学術集会

TOP