パスワードのリセットをリクエストしますか?

高波 澄子

高波 澄子(たかなみ すみこ)  保健福祉学部保健看護学科 教授

【最終学歴、学位】
平成 8年 3月 北海道大学大学院 法学研究科民事法専攻博士課程 単位取得後退学
平成11年 3月 博士(法学) 北海道大学

【学会および社会における活動等】
平成22年4月 旭川市固定資産評価審査委員(現在に至る)
平成22年4月 看護総合科学研究会 理事・研究会誌査読委員(現在に至る)
平成26年4月 看護総合科学研究会 評議委員及び監事(現在に至る)
平成22年4月 北海道公衆衛生学会評議員・査読委員会委員 (現在に至る)
平成27年4月~平成28年3月31日 公益財団法人日本高等教育評価機構 大学評価員

【現在所属の学会】
看護総合科学研究会、北海道公衆衛生学会、日本ホスピス・在宅ケア研究会、ホスピスケア研究会、医療事故・紛争対応研究会

【研究分野】
看護学

【研究内容のキーワード】
老年・地域看護学、看護倫理、在宅看護論

【職務上の実績に関する事項】
資格、免許
昭和43年 5月 看護師
昭和44年 5月 保健師

【研究業績等に関する事項】
著書
・平成18年9月 95 ベッド転落事件 単著 別冊ジュリスト183号 医事法判例百選

学術論文
・平成18年7月 大学病院において看護師が体験する倫理的問題 、共著 日本看護学教育学会誌第16巻第1号
・平成19年4月 地域基盤型の更年期ヘルスケア構築に向けた住民ニーズの地域差の検討― 45~55歳女性の都市部と農村部における比較―、 共著 日本女性心身医学会雑誌第12巻第1号
・平成21年3月 デンマークにおける在宅・地域を基盤とする長期ケアに示唆を求めて、単著 旭川大学保健福祉学部研究紀要 第1巻13-18頁
・平成23年11月 高齢者は子供世帯との関係においてどのような老後を望むか―北海道の高齢者へのインタビューから、― 単著 看護総合科学研究会誌 第13巻2号 3-13頁
・平成24年1月  子ども等を介護負担から解き放ち、在宅ケアで老後を生きる~北海道の高齢者の意識調査から~、単著 日本ホスピス・在宅ケア研究会雑誌「ホスピスケアと在宅ケア」、20巻、第1号、58-64頁.

学会発表
平成21年11月 デンマークにおける在宅ケアシステムと予防、看護総合科学研究会第13回学術集会、札幌市.
平成22年7月 高齢者が抱く子ども等との関係性について、日本地域看護学会、第13回学術集会、札幌市.
平成23年7月 デンマークの在宅ケア、第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会、札幌市.
平成23年10月 今後日本が進むべきケアと幸せの形、大雪広域連合会主催・介護フォーラム(シンポジスト)、東川町.
平成24年10月 超高齢社会における光と影-尊厳あるend-of-lifeをどうサポートするか―看護総合科学研究会第16回学術集会、札幌市.

TOP