パスワードのリセットをリクエストしますか?

横田 宏樹

横田宏樹(よこた ひろき) 経済学部経営経済学科 准教授

【最終学歴、学位】
2013年12月 パリ第13大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
2013年12月 博士(経済学)パリ第13大学

【職歴】
2014年~現在   旭川大学経済学部 准教授
2011年~2014年 パリ第13大学経済経営学部 専任講師

【学会および社会における活動等】
現在所属の学会
経済理論学会、進化経済学会、日仏経済学会

【研究分野】
企業論、人材育成論、レギュラシオン理論、不平等論

【研究内容のキーワード】
多様性、組織能力、制度、人材育成、格差・不平等

【研究業績等に関する事項】

【1】「企業と動態能力:日本企業の多様性分析に向けて」山本泰三編『認知資本主義:21世紀のポリティカル・エコノミー』ナカニシヤ出版、2016年、所収(第5章)、近刊

【2】「人材育成に対する地域的レギュラシオン:旭川家具産業の事例から」(研究ノート)旭川大学経済学部紀要、第75号、2016年、近刊

【3】「『動態能力』から考える企業の多様性:日本における『国民的代表企業モデル』 の再考」旭川大学経済学部紀要,第74号,p.37-57,2015年

【4】Yokota, H. (2014), « Capacités dynamiques et diversité des modèles de firmes japonaises : une étude de cas et une illustration à partir de l’analyse historique de l’industrie automobile », Revue de la régulation, Vol. 15, 1er semestre. (Présentation de Thèse)

【5】「『企業の異質性』と企業分析への新視角:制度主義的企業論とレギュラシオン理論の観点から」季刊経済理論、第45巻4号、p.57-67、2009年

TOP