パスワードのリセットをリクエストしますか?

清水ゼミ

こども緑道横丁のご案内(8月9日から8月10日まで)

2016年08月03日 水曜日 / カテゴリー 清水ゼミ

幼児教育学科では昨日から期末試験が始まり

学生さんたちは一生懸命勉強をしています。

少し前から冷房が各教室に入り、快適な環境で勉強できているようです。

すべての科目を合格できるよう願ってます。

 

 

さて、ゼミ活動のご案内です。

やや長い文章ですがお付き合いください。

 

 

来週の8日月曜日から10日水曜日にかけて、

7条緑道で「緑道文化まつり」が開催されます。

その一角を利用させていただき、

9日火曜日から10日水曜日にかけて、ゼミで企画した「こども緑道横丁」がオープンします!!

 

この企画のきっかけは2つあります。

1つ目は、元々は絵本作家のあべひろしさんのアイディアで、
緑道で子どもたちによるバザーをやりたい、というところから始まりました。

ゆったりとした時間が流れ、やさしいおとなたちがいる緑道周辺は

子どもにやさしいまちの佇まいを感じ

何かできないかとずっと考えていました。

昨年も色々な企画を立て、挑戦させていただきました。

こうした御縁とあべさんのアイディアに賛同させていただき

企画したのがきっかけです。

 

2つ目は、地域は代わりまして・・・

神奈川県川崎市には川崎子ども夢パークというプレーパークとフリースペースが併設された

いわゆる子どもの遊び場・居場所があります。
確か11月だったと思いますが、

子どもたち自身がお店を建てて
実際に子どもたちが作ったものを販売するという
こども夢横丁という、とても面白そうな取り組みがあることを耳にしていました。

大人がお膳立てするのではなく、先回りすることもなく
一から子どもと大学生が一緒になって考えてお店を作って販売する。
そうした取り組みを旭川でもやれたらってどこかで思っていました。

 

この2つのきかっけを元にして行ったのが、こども緑道横丁です。

 

今回は8人の小学生に参加をしてもらうことができました。

とにかく、子どもたちの「やってみたい!」の思いはとてもユニークで

どこか現実的で、色々学ばせてもらっています。

 

こども緑道横丁の準備のために

7月17日と24日にまちなかぶんか小屋と本学のまちなかキャンパスにおきまして

ワークショップを開催した、その様子をご覧ください。

 

 

7月17日(まちなかぶんか小屋)

DSC05654

はじめて顔を合わせたときは、学生も子どもたちもとても緊張した面持ちでした。

 

DSC05663

意見を出し合うようになったのは、1時間ぐらいしてからでしょうか?

 

DSC05687

お店を出すときに使用するタープを見ながら、イメージを掴もうとしてます(多分)

 

7月24日 まちなかキャンパス

DSC05908

こちらはかき氷屋さんの打ち合わせ中!

壁にはどこでもシートを貼り付けて、ホワイトボードのように書きながら、子どもも大学生も

イメージを見える化しています。

 

DSC05990

ワークショップの最終確認です。

 

やってみたい気持ちはあるけど、それをどう実現しようかその方法論はただただ手探りです。

責任者である教員ですら手探りです。

それでも、臆すること無く自分の思いを伝えようとする子どもたちの姿を見ていると

こどもたちも大学生たちの関係は対等なのだと思います。

子どもたちの遊びや経験が消費されるものになるのではなく

また、与える・与えられるということではなく

同じ視点で考えること、考えてもらえること、聞いてもらえるの経験が

子どもたちの今とこれからに何か響くと良いなと思っています。

 

8月8日はこども緑道横丁の宣伝のため

まちなかを子どもたちと一緒にチラシを持って練り歩きます!

また、全員ではないのですが9時半ぐらいから

FMりべーる(当日のパーソナリティは、いつもお世話になっている河口さん)に

子どもたちと学生さんがこども緑道横丁の宣伝ため出演します。

お昼ぐらいからは、お店作りを緑道で行っていますので、

ぜひ応援していただけたらと思います。

 

 

今回のイベントに関して

三和商店街振興組合のみなさまにご理解をいただき実現することができました。

感謝申し上げます。

また、このイベントの趣旨をご理解いただき、大切なお子さんをお預けいただいた

ご家族の方にも改めて感謝申し上げます。

どうぞ当日を楽しみにしていてください。

 

旭川大学短期大学部幼児教育学科

清水 ゼミ 一同

 

TOP