パスワードのリセットをリクエストしますか?

短期大学部ゼミ[生活福祉専攻]

3月8日に「全学教育活動発表報告会」が開催されました

2017年04月17日 月曜日 / カテゴリー 短期大学部ゼミ[生活福祉専攻], 北島ゼミ

securedownload[1]

3月8日に「全学教育活動発表報告会」が開催されました。

タイトルは、『旭川市における社会福祉政策の推進とその課題―旭川市介護高齢課、旭川市

社会福祉協議会の活動に限定して―』です。

当日は学内・学外から、約150名の方々が熱心に傍聴されました。経済学部の先生からは、「現在の福祉・介護をめぐる問題をよくまとめていて、よい報告でした」とのお褒めの言葉をいただいた一方で、「パワーポイントのつくり方を工夫してほしい」との御指摘がありました。

今回の報告会で、大勢の方々を前に発表することで度胸がつき、各々が自信につなげることができました。反省すべき点としては、事前準備が不足していたことです。1月末までに凡その骨子は固まっていましたが、1年生が2月上旬から3月上旬にかけて4週間に及ぶ実習に入ったため打ち合わせとリハーサルは1日しかとることができず、本番をむかえました。

今年度の反省を踏まえて、来年度の「全学教育活動発表報告会」にエントリーする予定です。

今年の夏のゼミ合宿で、下川町を訪問してインタビューをおこなう予定です。下川町は、スキージャンプが有名で近年、森林バイオマス産業戦略が功を奏して一躍全国的に有名になりました。ちなみにその町は、2016年の「50歳から住みたい地方ランキング」で全国1位に選ばれています。(宝島社『田舎暮らしの本』/2万人以下の町部門)

乞うご期待を!

 

 

TOP