パスワードのリセットをリクエストしますか?

田中ゼミ

グループインタビューを行いました

2020年11月27日 金曜日 / カテゴリー 田中ゼミ

 20201116日(月)に、農産物のサブスクリプションについてのグループインタビューを行いました。ゼミナール発表会、全学教育活動発表報告会への足掛かりとして挑戦したインプレ2020の結果を元に、8名の本学学生と共に「自炊する上でサブスクリプションは有用か」、「農産物のサブスクリプションは旭川市に導入できるか」というテーマで1時間半たっぷり話し込みました。

 他ゼミ、他学年の学生を交えてのディスカッションは初の試みでした。堅い雰囲気になることも懸念されましたが、アイスブレイクも上々、柔らかな空気感の中意見を出し合うことができました。

 前半は、サブスクリプションの利用状況や自炊・外食の頻度など、一人暮らし、実家暮らしのリアルな形態を整理。後半は、本議論の中心部分である「農産物を用い、旭川市に根差すサブスクリプションを育てるには」というトピックについて白熱した意見交換が繰り広げられました。実際に農家の方に協力を仰いだ経験がある学生もおり、よりプラグマティックなプランが構築されていきますが、中にはその内容なら利用しないという意見も。

 「どの層をターゲットとするか?」、「ユーザー規模は?」、「旭川市の気候を考えるなら?」、「類似サービスとの差をどうやってつけるか?」…。次々飛び出す経済学部生らしいアプローチに、更に掘り下げたい我々の口も止まりませんでした。結果、ディスカッションは時間制限が迫り終了という運びになりましたが、その場にいた全員の充足感は1時間半に見合って余りあるものでした。

 この実りあるグループインタビューをいしずえに、今後も現実的かつ見通し明るく研究を進めていきたいと思います。

 参加してくださった学生の皆さん、この度は貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。

 

 

 

 

3年 坂井里緒

TOP