旭川大学・旭川大学短期大学部 | 5月14日 給食をいただきました

パスワードのリセットをリクエストしますか?

浅沼ゼミ

5月14日 給食をいただきました

2018年05月15日 火曜日 / カテゴリー 浅沼ゼミ

こんにちは、浅沼ゼミナールです。

今回は短大生が作った給食を紹介します。私たちは今、短大生に地元(永山)の野菜を届けるプロジェクトをやっています。私たちが届けた野菜を使って短大生は給食を作ります。もちろん全部補えるわけではありません。短大生が必要な野菜の一部を提供しています。

さて、プロジェクトのお話はここまでにして、短大生が作った給食をお見せします。4月26日(木)の給食の献立は手作りパン、トマトチキン、コールスロー(カレー風)、オニオンスープ、三色ゼリーです。浅沼ゼミナールが届けた野菜はニンジンで、コールスローに使っていただきました。給食を食べたのは中学校以来だったのでとても懐かしかったです。とても美味しかったです。

短大生の給食は1人あたり何グラムの野菜が必要か、栄養価はどのようにしたら良いのか一所懸命に考えています。たくさん研究をし、試作をしています。給食を作る大変さを学びました。給食を作ったあとの短大校舎はとてもいい匂いがして、ずっと居座ってたいと思うぐらいずっと居たいです。

このように自分たちが地元の野菜を届けて、その野菜を皆さんに食べてもらえることはとても嬉しいです。私たちは農家さんから野菜をいただいて、それを届けるのですが、これだけでもすごい幸せです。農家さんの立場に立つともっと幸せなことだと感じました。その理由として、農家さんたちは自分たちで野菜を作り、売って、皆さんに食べてもらうからです。この一連の流れはとても農家さんにとっては嬉しい限りだと私は思いました。もっと地元の農家さんと野菜をアピールできるように頑張ります。               記 3年生 瓶子遼太 ←短期大学部 生活学科食物栄養専攻学生作成

TOP