パスワードのリセットをリクエストしますか?

浅沼ゼミ

6月3日 給食を頂きました

2018年06月04日 月曜日 / カテゴリー 浅沼ゼミ

こんにちは。浅沼ゼミです。給食の紹介が遅れて大変申し訳ございません。

5月10日(木)短大生が作った給食の献立は、梅しそご飯・しらす白ごまご飯、大根おろしとなめこの味噌汁、ごぼうとジャガイモの豚肉巻き、ひじきとニンジンとふきとシーチキンの炒め煮、ビーツと白菜の酢漬です、あんみつフルーツ(白桃・マンゴーかパイン・みかん)です。今回、浅沼ゼミナールが集荷した野菜はニンジン1.2kgです。集荷したニンジンはひじきとニンジンとふきとシーチキンの炒め煮に使っていただけました。

食べた感想として、低カロリーで一瞬で自分が健康になったかと思うぐらい健康的でした。ご飯は2種類あり、梅しそとしらす白ごまが選べるようになっていました。あんみつフルーツも同様で選べるようになっていました。私は1人暮らしをしています。ひじきやふきなど買うという考えがないので旭川にきて初めて食べました。実家暮らしの時はお母さんがご飯を作ってくれていたので、たくさんの野菜を摂取していました。ですが、旭川に来て1人暮らしするようになってからは、買う野菜も偏ってしまい、野菜と言ったらキャベツといっても過言ではないぐらいキャベツしか食べていません。もしくは、時間がなく、ご飯を作れないときはカップ麺やコンビニ弁当を買ってしまいます。このような食生活を続けていたので、お腹が一気にきれいになった気がしてやまなかったです。

今回の短大生から農家さんへの質問の中にこのような質問がありました。その質問が「農家さんの一日生活を教えてください」という質問です。これを農家さんに尋ねたところ、朝4:30から農作業が始まり、12:00から1時間休憩して19:00まで農作業をして一日の生活が終わるという回答をいただきました。この回答を聞いて私は大学生活で辛いとか思ってしまったら生きていくことができないのではと思いました。農家さんの仕事がどれだけ大変で忙しいのか改めて実感しました。

記 3年生 瓶子遼太

【作業風景】

撮影者:短期大学部生活学科食物栄養専攻

【給食】

                        撮影者:短期大学部生活学科食物栄養専攻  

【栄養価のグラフ】

作成者:短期大学部生活学科食物栄養専攻

 

 

 

TOP