パスワードのリセットをリクエストしますか?

清水ゼミ

12月11日だいがくでプレーパーク 報告

2017年12月18日 月曜日 / カテゴリー 清水ゼミ

12月のプレーパークでは、天候に恵まれました。おかげで、多くの方に遊びに来ていただきました。冬のプレーパークは一回しかないので、雪とたくさん触れ合う事をねらいとしていました。今回のプレーパークでは冬ならではの遊びを展開しました。雪山を作ったり、スノーキャンドルを出しました。さらに新しくターザンロープを出しました。ある程度握力がないと遊べない遊具なのであまり遊んでもらえないと思いましたが、自分たちが思ったよりも自由に遊んでもらいました。他には色水を使い、ケーキを作ったり、雪山にかけたりして自分のすきなものを雪で表現していました。
ターザンロープは年齢の低い子の楽しみ方や、木にぶつからないようにする対処法など、当日やってみて、やっと見えてくる課題をみつけることもありました。しかし、子供達が思った以上に興味を持ったり、楽しんでくれている姿を見て、やってみて良かったと感じました。
今回も炭や甘酒の差し入れなど沢山の寄付をいただいたり、多くの方に来ていただいているおかげてプレーパークができているということを再認識しました。本当にありがとうございました。
(幼児教育学科1年生 宮崎里沙、八島俊介、山崎萌衣)

今回を持ちまして、年度内のだいがくでプレーパークは終了しました。
地域の方々のご理解・ご協力をいただき、たくさんの学生の学びにつながったことを
心から感謝申し上げます。

また、2年生11名は今回が学生として最後のプレーパークとなりました。
入学したときから毎月開催にし、
授業等で忙しい中、プレーパークのあり方を一生懸命考えて実践してもらいました。
この地域の居場所として根付かせることに力を注いでくれた11名に心から感謝しています。

お疲れ様でした。

 

年明けは1月27日にカムイの杜の冬のイベントのお手伝いに行きます。

ダイナミックな雪あそびができる場です。ぜひお越しください。

(幼児教育学科 清水 冬樹)

TOP