パスワードのリセットをリクエストしますか?

学校法人旭川大学 教職課程(大学院 / 大学 / 短期大学部)

教職課程について

教育職員免許法施行規則第22条の6に基づく公表すべき教員の養成の状況は、以下のとおりです。
  1. 教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること
    ・学位授与の方針(ディプロマポリシー)
  2. 教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目に関すること
  3. 教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画に関すること
    ・シラバス
  4. 卒業者の教員免許状の取得の状況に関すること
    大学院教員免許取得一覧(平成29年度卒業生)
    研究科専攻卒業者数中学校教諭専修免許状
    (社会)
    高等学校教諭専修免許状
    (公民)
    経済学研究科 
    地域政策専攻
    0名0名0名
    大学教員免許取得一覧(平成29年度卒業生)
    学部学科卒業者数中学校教諭1種免許状
    (社会)
    高等学校教諭1種免許状
    (地理歴史)
    高等学校教諭1種免許状
    (公民)
    高等学校教諭1種免許状
     (商業)
    経済学部
    経営経済学科
    62名4名4名3名1名
    短大教員免許状取得一覧(平成29年度卒業生)
     卒業者数幼稚園教諭2種免許状
    幼児教育学科89名82名
  5. 卒業者の教員への就職の状況に関すること
    大学院就職状況一覧(平成29年度卒業生)
    教員への就職者なし
    大学就職状況一覧(平成29年度卒業生)
    教員への就職者なし
    短大就職状況一覧(平成29年度卒業生)
     幼稚園保育所及び幼保連携型
    認定こども園
    その他
    幼児教育学科18名57名14名
  6. 教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組に関すること
    <大学・大学院>
    旭川大学の教職課程は①多様な価値観に触れることを通じて、自らの人間観や教育観、教師観を問い直し、更新していく意欲・態度をもった教師の育成、②前項で育成した意欲・態度をもとに、学校や地域との協働を通じて、子ども一人ひとりがよりよく生きることのできる空間の創造に関わる教師の育成を目標に教員養成を行っています。具体的な取り組みは以下の通りです。
    【他大学との模擬授業交換会】
    2009年から道内の他大学で教職をめざしている学生と合同で、模擬授業を行いながら学び合う模擬授業交換会を行っています。専門分野も希望する学校種、科目も異なる仲間の視点は刺激的で、授業への取り組みを学生たちが自ら見直す絶好のチャンスになります。また他大学の教職学生との交流も進んでいます。
    【「授業実践演習」の開講】
    「授業実践演習」は旭川大学独自の開講科目です。週1回、本学が連携協定を結んでいる中学校・高校に実習に行きます。実習内容は授業参観、授業実践、行事や学級活動の手伝いなど多岐に及びます。そして大学に戻って演習クラスで自分の教育実践のふりかえりを行います。学校教員の仕事の大変さ、そして楽しさとやりがいに触れる大切な機会です。
    【教育実習参観】
    3年次に履修する「教育実習Ⅰ」(必修)および3,4年次で履修できる「授業実践演習」(選択)で、教育実習を参観します。実際の子どもたちに向かって先輩や友達が行う授業を見ることによって、具体的な授業のイメージを持つことができ、教育実習に向けて、あるいは教員として就職していくための心の準備をすることができます。
    【現職教員の授業参観】
    地域の中学校や高校に伺って授業参観をします。授業後には先生方が授業についてのご説明をしてくださり、学生たちとの意見交換や直接ご指導を頂ける時間もあります。また地域の先生方の研究会にも参加しています。中学生や高校生だった時には気が付かなかった教育実践の奥深さに触れることが出来て学生たちには非常に好評です。
    【地域の教育委員会と連携した学習支援】
    北海道教育委員会や旭川周辺の市町村教育委員会と連携して、学生たちが小学生や中学生の学習支援事業に参加しています。
    【旭川大学出身教員との懇談会】
    現役の教師として各地で活躍している本学の卒業生を臨時講師として招き、懇談会を開催します。先輩だからこそ話せる現場の生の声や、本学への提言・要望などは、教育課程の中で常に活かされています。学校現場からの率直な意見や考えに直接ふれることができる、貴重な機会です。
    【教員採用試験対策講座】
    教員採用試験に向けた週1回の勉強会です。教職教養・専門教養はもちろん一般教養についても「学び合い」をしています。教職課程を担当する教員がスーパーバイザーとして協力しています。
    <短大 幼児教育学科>
    【導入教育】
    入学後に開催する「新入生宿泊研修」にて、市内幼稚園の園長を招き、幼稚園教諭に関する導入教育を行っています。
    【附属幼稚園との連携】
    地域社会の多くの子どもたちを保育している「附属幼稚園」の協力を得て、1年次後期と2年次前期に継続的な「保育見学」の実施、2年次前期に学科行事「公開保育」を行い、指導法の学びや幼稚園教育の実際の理解を深めています。
    【少人数ゼミナール】
    各ゼミナールで旭川市やその近郊に出向いて、幼稚園へのボランティア活動等を積極的に行っています。地域の子どもと直接関わる機会を通して、学生の学びと地域の子ども子育て支援の両方に資する活動を行っています。
TOP