パスワードのリセットをリクエストしますか?

旭川大学短期大学部 食物栄養学科

旭川大学短期大学部 食物栄養学科

食の大切さ、喜びを伝え
人びとの日々の健康をサポート。
幸せな暮らしの基盤を「食」で支えます。

教育目標
  1. 人間の生命の保持、健康の維持・増進、疾病予防・回復に食と栄養の両面から関わる養成
  2. 食と健康への関心が高い現代社会の多様なニーズに対応できる栄養士の養成
  3. 食をめぐる環境問題に対して真摯に向き合い、人間にとっての食の在り方を思索する人材の養成
4つのポリシー
食物栄養学科
3つのポイント
01
食と健康に関わる幅広い知識と技術を身につける
02
多様化するニーズに対応できる栄養士を育成する
03
豊富な実習を通じて確かな判断力と実践力を養う
栄養士は、食事の管理と栄養指導を行う食のスペシャリスト。病院や福祉施設、学校、保育園、 社員食堂など、食事を提供する施設で活躍しています。患者さんや利用者さんのために献立を 考え、どうしたらおいしく食べてもらえるか工夫して食事をつくったり、食育や栄養指導などを通し て食の大切さを伝える専門職です。
アドミッション・ポリシー
食物栄養学科が求める学生像は下記に示す人物であり、教育目標実現のために、学校推薦型選抜(指定校制/公募制)、総合型選抜、一般選抜(大学入学共通テスト利用選抜を含む)、社会人特別選抜などを実施します。また、障害のある学生については、合理的配慮に基づく就学のための必要な支援を行い、学ぶ権利を保証します。
  1. 食生活の改善を通して人々の健康を増進させる事に興味のある人
  2. 食の安全・安心に関心があると同時に、農業体験などによる作物・食材の生産に意欲のある人
  3. 美味しい料理を作り、食べる事に関心があり、また、それを食べて貰う事に喜びを感じられる人

2年間の学びのStep
1年次
食の知識と技術を体験的に学びます。
食や栄養に関する基礎をはじめ、食と疾病との関わりや栄養指導の重要性などを学習します。さらに食材の正しい知識や食文化の基礎を理解し、調理技術を習得。給食施設での業務全般についても、知識だけでなく、実習を通して体験的に学ん でいきます。
2年次
豊富な学外実習で知識と技術を深めます。
病院・施設(福祉施設・保育所・学校・自衛隊など)や教育現場での学外実習を通して現場の栄養士の実務を体験し、学んだ知識や技術のスキルアップを目指します。また学内での給食実習では、栄養指導を導入し、学生や教職員に向けて給食を提供します。科学的根拠を基にした栄養指導はもちろん、おいしい料理を食べてもらうことに喜びが感じられるでしょう。

取得可能な資格
卒業と同時に栄養士の国家資格が取得できます。
学位
短期大学士
(栄養学)
資格
栄養士免許 [国家資格]
栄養学に基づき、バランスのとれた献立の作成や調理法・食生活の改善、栄養指導などに従事できる国家資格です。
介護福祉士実務者研修 [ステップUP]
高齢者への食支援はとても重要であり、栄養士と介護職との協働の機会は増えます。介護に関する知識と技術の習得ができる有益な資格です。
社会福祉主事 [任用資格]
各自治体の福祉事務所などで働く人に不可欠な資格です。社会福祉施設の職員等の採用基準にもなっています。
初級障がい者スポーツ指導員
障がい者のスポーツ参加のきっかけ作りをサポートします。健康や安全管理に配慮した指導を行い、スポーツの喜びや楽しさを伝えます。
キャリア
up
管理栄養士免許 [国家資格]
より専門性の高い栄養士の国家資格です。栄養士として3年以上の実務経験者に受験資格が付与されます。
本学ではOB・OG学生を対象に、国家試験対策講座(無料)開催でサポート。
主な進路
給食受託企業、病院、各種福祉施設、高齢者施設、保育所(園)、給食センター、保健所、菓子工房、食品メーカー、外食産業、 一般企業など
※他に例年数名が4年制大学(食物栄養系)に3年次編入で進学。
さまざまな食の現場に触れる、貴重な体験
収穫祭
感謝をこめ、収穫の喜びを分かち合う収穫祭
12月には、自分たちで収穫した農作物を調理・会食する収穫祭を開催。ゼミごとにメニューの担当を決め、お世話になった方たちにおもてなしをしながら、収穫の喜びを分かち合います。
農業体験(田植え)
田植えから収穫祭まで、すべて自分たちの手で
キャンパス近くの永山地区の農園で、種まきから収穫まで一連の農作業を体験、食べ物の大切さを実感するだけでなく、食材の見極めや安全性についての意識を高めます。

旭川大学短期大学部 食物栄養学科 カリキュラム

人びとの健康を保つ「食」をトータルに学び、実践力のある栄養士、食のスペシャリストになるためのカリキュラム。

教養科目

 1年次2年次
教養科目●食と健康
●少子高齢化と地域
●北海道学
●英語
●体育実技
●法学(日本国憲法を含む)
●異文化理解と多様な世界
●スポーツと健康
●社会学
●ジェンダー論
●消費生活と経済

専門科目

 1年次2年次
社会生活と健康●社会福祉
●公衆衛生学
人体の構造と機能●解剖生理学
●生化学
●運動生理学
●生化学実験
●解剖生理学実験
●病理学
食品と衛生●食品学Ⅰ
●食品学実験Ⅰ
●食品衛生学
●食品衛生学実験
●食品学Ⅱ
●食品学実験Ⅱ
●食品加工学
●食品加工学実験
栄養と健康●栄養学総論
●食生活論
●応用栄養学
●応用栄養学実習
●臨床栄養学Ⅰ
●臨床栄養学Ⅱ(食事療法)
●臨床栄養学実習Ⅰ
栄養の指導●栄養指導論Ⅰ
●栄養指導論Ⅱ
●栄養指導実習Ⅰ
●栄養指導実習Ⅱ
●公衆栄養学
給食の運営●給食管理
●調理学
●調理学実習Ⅰ
●給食管理実習Ⅰ
●給食管理実習Ⅱ
●給食管理実習Ⅲ
●校外実習指導
●調理学実習Ⅱ
●調理学実習Ⅲ
その他●有機化学
●情報機器の操作
●演習Ⅰ-1
●栄養指導論Ⅲ(栄養情報処理)
●演習Ⅰ-2
●臨床栄養学実習Ⅱ
●演習Ⅱ-1
●演習Ⅱ-2
●自主研修
食物栄養学科の学外実習
病院や保育園、給食センターで実践体験。自主性と職業意識を高め、実践力を養います。
2年次には、栄養士の免許取得に欠かせない学外実習を体験します。治療食の献立作成や調理などを体験する「病院実習」か、給食管理や大量調理などを体験する「施設実習」のどちらか又は両方を選択。栄養士としての仕事の方向性を明確にするチャンスです。
[学外実習の構成]
病院実習
〈2年前期/2週間〉
治療食の献立作成、調理
「臨床栄養学実習Ⅱ」で行う病院実習では、病態に応じた治療食の献立作成、食材発注、調理などを、実際の現場で体験を通して学びます。
施設実習
〈2年前期/1週間〉
各種施設で大量調理や給食管理
「給食管理実習Ⅲ」で行う施設実習では、各種福祉施設や給食センター、自衛隊などで、大量調理や給食管理のノウハウを身につけます。
主な実習先(実績)
[病院実習]
  • 市立旭川病院
  • 旭川赤十字病院
  • 大西病院
  • 国立病院機構旭川医療センター
  • 旭川圭泉会病院
  • 道北勤医協一条通病院
  • 名寄市立総合病院
  • 富良野西病院 ほか多数
[施設実習]
  • 東栄保育園
  • こぐま保育園
  • 旭川市立旭川小学校
  • 名寄市学校給食センター
  • 旭川駐屯地業務隊
  • 北海道療育園
  • 特別養護老人ホーム旭川緑苑
  • 永山ほたる保育園 ほか多数

この授業に注目
給食管理実習Ⅰ~Ⅲ
給食業務を行うために必要な、食事の計画や調理を含めた給食 サービス提供に関する技術を修得します。1年次の後期と2年次の 前期は学内の集団給食実習室で実習を行い、2年次の8月には各 種福祉施設・給食センター・自衛隊などの施設で実習を行います。
食生活論
現代の食環境、食生活の課題とは何かを多角的に捉え、自らの生 活に結びつけ、より良い食環境とは何か、本当の意味での食の豊 さとは何かをしっかりと考え、その豊かな食を実践する技術、感性 を高めます。
食品学実験Ⅱ
食品に含まれる成分の分析を行い、その特徴について理解を深め ます。例えば、「濃口醤油、薄口醤油、減塩醤油ではどのくらい食塩 含有量が違うのか?」など身近な食品を用いた実験を行います。
栄養指導論Ⅰ・Ⅱ
栄養士業務における栄養指導の重要性を理解し、多様化・複雑 化する食生活の現状を知り、対象に応じた栄養指導が行える基 礎的な力を養います。
臨床栄養学Ⅰ
生活習慣病(糖尿病・高血圧症・脂質異常症など)について 理解し、人々の生活に合った適切な栄養食事指導について学 びます。
解剖生理学
人体の仕組みについて構造や機能を理解し、食事、運動、休養 などの基本的生活活動や環境変化に対する人体の適応につ いて学びます。

栄養士になるための学び

基礎知識

食と栄養に関する幅広い知識を、基礎から応用までしっかりと身につけます。また農業体験などを通して、地域との連携や食育の大切さも学びます。

専門技術

食のスペシャリストとしてあらゆる現場で活躍できるように、食材の選択から調理・加工までのさまざまな技術を習得します。

食の理解

学外実習で学んできたことを見直し、自分に不足していた知識や技術を再確認して学び直すことで、食への理解をさらに深めます。

学外実習

大量調理を必要とする施設や、病態に応じた治療食を提供する病院などの現場で実践しながら、授業で学んだ知識や技術を高めます。

TOP