パスワードのリセットをリクエストしますか?

経済学部 ゼミ活動紹介

経済学部 経営経済学科 ゼミ活動紹介

自主性を重視したきめ細やかな指導。 実践力と社会性、人間力を育てます。

経済学部では、少人数制のゼミナールが1年次から必修科目。
担当教員によってテーマや内容はそれぞれ違いますが、研究・フィールドワーク・発表や討論を行い、実践と個別指導を通して論理的思考力や幅広い視野、専門性を深めていきます。
学内にとどまらない多彩な活動を行うことで、豊かな人間性と社会性、社会に貢献できる総合力を育て、地域を切り拓く人材の育成をめざします。
街の課題発見とその解決にむけた研究
旭川経済の活性化にむけて、自分達には一体何ができるのか。旭川が直面する課題を発見し、それを解決する方策を探ります。また、その活動を通じて、資料調査、プレゼンテーション、コミュニケーションなど、社会人として求められる能力をみがいていくことも実践していきます。
国際貿易や国際マクロ経済を議論する
*統計をもとに客観的な分析を行い、国際貿易や国際マクロ経済に関する問題を議論。グローバル化のもとで相互依存を拡大させている国際経済関係を、経済理論に基づいて理解することをめざします。
地域経済の課題を議論する
過疎化や高齢化など、日本の地域経済が抱える問題を理解し、その解決策を考えます。議論を通して地域経済への理解を深めながら、考える力、コミュニケーション力を身につけます。
グローバリゼーションと社会・経済・文化
グローバリゼーションについての基礎知識を獲得し、社会、経済、文化など、さまざまな側面からグローバリゼーションにともなう変容について検討します。文献だけでなく、映画や音楽などからも世界のつながりを考えていきます。
貧困と食糧問題を理解する
世界には、貧困や農業政策の失敗で、国民に十分な食糧供給ができない途上国もあります。農業政策と食糧の供給がどのようにリンクしているか、経済的な視点で理解し、視野を世界に広げていきます。
経済発展をどのようにとらえるか
主要な経済学者の問題意識の比較検討し、残された問題を探ります。また地域や国による経済発展の相違についても、文化や人間性の比較検討まで視野に入れながら検討し、理論の妥当性を考察します。
環境問題を 経済学的に考える
私たちは地球温暖化のような地球規模のものからごみ問題のような身近なものまで様々な環境問題に直面しているが、それはなぜ発生するのか、どう解決すべきかを経済学の視点から考えます。
21世紀における 世界経済の構造と動態
グローバル化と経済ナショナリズムという相異なる二つの現象を併せ持つ世界経済の構造と動態を理解するために、最も新しい統計資料を政治経済学的な側面から分析し、世界経済の動向を探ります。
経営戦略を理論と 実際の双方から理解する
経営の理論をもとにフィールドワークを行い、知識を実践的に深めます。「永山商店街マップ」の作成や「経済学ラーメン」の出店など、ユニークな活動で実践力を養います。
企業システムを 理解する
企業を理解し、自分なりの問題意識を持って考える力を養います。アンケートや工場見学、インタビューを通して企業の現実を理解するなど、理論と実証の双方からアプローチします。
法律の世界に親しむ
社会で起きている事件や日常生活で起きているトラブルを取り上げ、法律的に分析し、自分なりの意見を持てる力を養います。また法律を通して、社会がどのように変わろうとしているのかをキャッチする感性を磨きます。
公法研究から 実践的知識へ
公法について他人と法的議論ができるようになることを到達目標に、調べ、議論し、発表する力を養い、講義で学んだ法分野の知識を、社会に出てから使える実践的知識へと転換することをねらいとしています。
国際会計基準を 理解する
IFRS(国際財務報告基準)と日本の会計基準との比較検討を行うことで、IFRSの内容を理解。8月には「東北・北海道ブロック経済学生ゼミナール大会」の財務会計部門に参加し、実力に磨きをかけます。
実践的スポーツコーチング理論と運動生理学
「心技体」に加え、「知」が求められる現在のスポーツ環境において、その競技を指導理論と運動生理の観点からより多角的に、より論理的にとらえ、競技力の向上につなげることを目標とします。
各自の教育観 教師観の発展
これまでの教育経験を振り返り、考察。その上で教育学の文献を読み、教育や教師の役割について討論します。多様なものの見方を養うフィールドワークや授業交換会も多数開催します。
マーケティングによる消費生活の変容
企業のマーケティング活動によって、私たちの消費生活がどのように変容しているのかを社会経済的な視点から分析し、そこで見出された課題に対して、主体的に考え、解決していく力を養います。


TOP