パスワードのリセットをリクエストしますか?

旭川大学短期大学部 教員紹介

教員と学生の距離を近くし旭川大学の自由な校風を生む、ユニークな指導陣。
この顔ぶれが、君たちの知的好奇心を刺激します。

山内 亮史

旭川大学・旭川大学短期大学部 学長
YAMAUCHI RYOJI
教授
【地域教育文化論研究 ほか】
■研究テーマ
社会福祉論、教育社会学、地域政策論

藤原 潤一

旭川大学・旭川大学短期大学部統括副学長
旭川大学保健福祉学部コミュニティ福祉学科学科長
FUJIWARA JUNICHI
教授【女性学、家庭支援論 ほか】
■研究テーマ
格差の拡大と家族。多様化する家族の子育てをめぐって

豊島 琴恵

旭川大学短期大学部副学長
TOYOSHIMA KOTOE
教授[生活学科食物栄養専攻] 【調理学、給食管理実習 ほか】
■研究テーマ
生産から流通、消費を一連で体験することを通し食を介して人と地域のコミュニケーションを図る

赤堀 達也

AKAHORI TATSUYA
准教授[幼児教育学科] 【幼児体育、保育内容演習(健康)、スポーツと健康、体育実技】


五十嵐 路子

IGARASHI MICHIKO
教授[幼児教育学科] 【身体表現、音楽療法論 ほか】
■研究テーマ
音楽と動き・音楽療育

伊東 隆雄

ITO TAKAO

教授[生活学科生活福祉専攻] 【発達と老化の理解、障害の理解 ほか】
■研究テーマ
医療倫理学・ケアの倫理

岸山 絵里子

KISHIYAMA ERIKO
助教[生活学科食物栄養専攻] 【給食管理、給食管理実習 ほか】

■研究テーマ
給食管理におけるリスクマネジメント論

北島 滋

KITAJIMA SHIGERU
教授[生活学科生活福祉専攻] 【現代社会論 ほか】


熊田 広樹

KUMATA HIROKI
准教授[幼児教育学科] 【保育内容演習(言葉)、統合保育ほか】

佐々木 千夏

SASAKI CHINATSU
准教授[幼児教育学科] 【保育原理、保育課程論 ほか】
■研究テーマ
不登校・ひきこもりを抱える家族の実態と支援に関する研究

佐藤 貴虎

SATO TAKATORA

教授[幼児教育学科] 【幼児教育方法論、教育原理 ほか】
■研究テーマ
難病の子ども達への心理社会的支援

椎名 澄子

SHIINA SUMIKO
教授[幼児教育学科] 【図面工作、造形表現 ほか】
■研究テーマ
子どもと美術、彫刻(テラコッタ・蝋型鋳造)


島崎 一行

SHIMAZAKI KAZUYUKI

教授[幼児教育学科] 【音楽、演習 ほか】
■研究テーマ
現代音楽の作曲理論

崔 敏奎

CHOI MINGYU
准教授[幼児教育学科]【社会福祉概論、子ども家庭福祉論、保育ソーシャルワーク】
■研究テーマ
子どもが暮らしやすいまちづくり、市民・住民の自主活動、保育士の専門性

東郷 将成

TOGO MASANARI
助教[生活学科食物栄養専攻] 【臨床栄養学Ⅰ,臨床栄養学Ⅱ,臨床栄養学実習Ⅰ,公衆栄養学】
■研究テーマ
臨床栄養学分野,スポーツ栄養学分野

平野 啓介

HIRANO KEISUKE
准教授[生活学科生活福祉専攻]【介護の基本、生活支援技術 ほか】
■研究テーマ
(1)介護福祉士養成教育、介護過程教授方法
(2)発達障害(特に自閉症スペクトラム症、注意欠如・多動性障害等)を持つ方への就労支援・生活支援


藤本 愉

FUJIMOTO YUU
准教授[幼児教育学科]【発達心理学、教育心理学 ほか】
■研究テーマ
発達研究におけるナラティブ・アプローチ、社会歴史的側面からみた発達論・発達研究の再検討、共同体実践と言語との関係性

宮下 史惠

FUMIE MIYASHITA
助教[生活学科生活福祉専攻] 【介護の基本、介護総合演習 ほか】
■研究テーマ
介護福祉学のあり方、介護過程の教授法

森重 正也

MORISHIGE MASAYA

教授[生活学科食物栄養専攻] 【食品学、有機化学 ほか】
■研究テーマ
北海道の食材・食品の今と今後、および地域特性について道産ワインとブドウ品種の変遷

松倉 聡史

MATUKURA TOSHIFUMI

教授[幼児教育学科] 【保育内容演習(人間関係)、子ども家庭支援論、少子高齢化と地域、憲法と人権】

■研究テーマ
保育内容演習(人間関係)、子ども家庭支援論、少子高齢化と地域、憲法と人権

  


村中 典子

MURANAKA NORIKO
助教[生活学科生活福祉専攻] 【医療的ケアⅠ~Ⅲ 子どもの保健】

和島 孝浩

WAJIMA TAKAHIRO

准教授[生活学科食物栄養専攻] 【栄養学総論、食品衛生学 ほか】
■研究テーマ
農産物の高付加価値化に関する研究、美味技術(真空調理法、味覚センサ)に関する研究

TOP