パスワードのリセットをリクエストしますか?

短期大学部 ゼミ活動紹介

生活学科 生活福祉専攻

実践や研究、仲間や地域との交流を通して介護福祉の専門性を高めていきます。

ゼミナール(ゼミ)とは、短大ならではの学び方。特定のテーマのもとに、担当教員の指導を受けながら、学生自身が調査・研究・ディスカッションを行い、実践を通して専門性を高める少人数制の授業です。
生活福祉専攻のゼミナールでは、介護福祉に対する認識や人間理解を深めるとともに、コミュニケーション力やチームワーク力など、現場で求められる実践力の向上をめざします。
善いケアとは何か
ひとの心を理解するためには文学的センスが欠かせません。ケアに関連する著書や小説を読んだり、映画などの芸術作品にふれ、何が善いケアなのか仲間と議論して、理解を深めていきます。
包括的高齢者支援で地域再生を考える
旭川市の高齢者の介護を含む生活支援がどのような問題を抱えているのか、地域包括ケアシステムを調査し、高齢者の生活支援の現状と課題の理解を深めて、解決策を考えます。
発達障害、知的障害を持つ方への生活支援および就労支援
福祉現場への訪問を通じ、専門職および支援を必要としている方の”生の声”を伺います。福祉現場をリアルに感じ、どのような支援が必要なのか、参加学生全員で考えていくことを大切にしています。
生命を居場所で支えるケアとは
ゼミ生が関心を持った『地域介護』に関するテーマを医療・保健・福祉の専門職を意識しながら掘り下げ、実際のケアに関わり、自らの疑問に自ら答えを探して研究成果をまとめます。


生活学科 食物栄養専攻

実践や研究、仲間や地域との交流など、食に対するさまざまなアプローチを行います。

ゼミナール(ゼミ)とは、短大ならではの学び方。特定のテーマのもとに、担当教員の指導を受けながら、学生自身が調査・研究・ディスカッションを行い、実践を通して専門性を深める少人数制の授業です。
食物栄養専攻のゼミナールでは、食材の加工・提供から食育、健康、環境など、さまざまな方面から食にまつわる幅広い知識と見識、実践力を養い、食を通して人を支えるスペシャリストをめざします。
高齢者の生活習慣病予防と改善
高齢者との交流を通して、減塩食(乳和食)を広げ、生活習慣病の予防・改善に取り組みます。
各ライフステージごとに対応させた食育実
地域食材を活用した献立・料理の提案!対象は各ライフステージごとに①乳幼児食、②健康食、③シニア食、④介護食と展開させます。料理は直接対象者にふるまい、他の専攻学生や専門機関とコラボします。
道産食材の魅力と地域の課題を考える
地域食材の加工・提供法の検討を通して道産食材の魅力を再発見し、その地域が直面する諸問題を考えます。また、チーズづくりや天然ハチミツの採取体験、地域食材利用のスイーツ開発・食育活動も行います。
手作りを極める!!
調味料を含めて、昔は各家庭で手作りしていた食品を、昔のレシピにそって可能な限り原材料を集め、実際に作ってみます。実習を通してどのような「食」が良いのか、食生活の重要性を考察します。
食を通じて健康を、環境を通じて食を考える
食糧・健康・環境に関する問題は21世紀の重要な課題です。食・農・環境に関する記事や映像を見たり、農業体験を通して食と環境に関する現状と問題点から学び、食の将来展望を考えます。


幼児教育学科

実践や研究、仲間や地域との交流を通して幼児教育の専門性を深めていきます。

ゼミナール(ゼミ)とは、短大ならではの学び方。特定のテーマのもとに、担当教員の指導を受けながら、学生自身で調査・研究・ディスカッションを行い、実践を通して専門性を深める少人数制の授業です。
幼児教育学科のゼミナールでは、子どもたちの健やかな成長を支えるためのさまざまな実践を通して、子どもに対する理解と技術を探究。幅広い観点から子どもたちの可能性を引き出し、ともに成長できる幼児教育者をめざします。
幼児スポーツに新しい風を
幼児体育や健康に力を入れる赤堀ゼミは、野外活動にも取り組んでいます。また、幼児向けのニュースポーツにも力を入れており、ゼミ内での意見交換や交流を大切にしています!
音楽と動きを用いた幼児の表現活動
リズム遊び、オペレッタなど音楽と動きを用いた幼児の表現活動がテーマで、ハンディを持つ子どもたちの音楽療育のボランティアにも参加します。
療育=丁寧に配慮された子育て
障害のある子ども、育てにくさのある子ども、園のなかで気になる子どもなど、すべての子どもと保護者が地域でいきいきと主体的に生活できるような保育者の援助について療育という観点から学びます。
子育てを応援しながら地域で一緒に育てていく
親子で楽しむ絵本の読み聞かせや子育てサロンの開催を通じて、子育ての工夫やトレンド、悩み、ニーズなどを調査。そのうえで子育て家庭と一緒に子どもの可愛らしさや成長を分かち合う保育者のあり方を考察します。
難病の子どもたちへの心理社会的支援
すべての子どもたちに成長の機会が訪れるような教育や学習・遊び、そしてその専門家としての医療保育士について学ぶだけでなく、難病の子どもたちとの野外キャンプなどボランティア活動も積極的に行っています。
実践から学ぶ造形表現
学外での工作ワークショップなどの開催や協同制作活動から、自他の表現を認め合い、愛情と思いやりの心を深め、未来の子どもたちに「表現することの楽しさ」が循環されることをめざします。
器楽アンサンブルの楽しみ
ベル演奏のアンサンブルを通じて協調性を養い、合奏の楽しさを体感します。また、依頼に応じて公共施設や保育所などで演奏することもあります。
子どもたちの遊びとそのあり方を通して保育実践をとらえ直す
保育環境の構成という視点から子どもの遊びをとらえ直し、遊びが子どもの成長・発達にどのような影響を及ぼすのか考えていきます。そのうえで、「保育とは何か」「子どもにとって遊びとは何か」という点まで理解を深めていきます。
子どもにとっての幸せとは
子どもの福祉に関する福祉制度を理解し、子ども、家族にとっての幸せとは何かを考えます。一人ひとりの子どもが夢を持って生きていくことができる社会をみんなで考えていくゼミです。


TOP