パスワードのリセットをリクエストしますか?

保健福祉学部

保健福祉学部への招待

大学に何を求めるのか オープンキャンパスへようこそ

旭川大学保健福祉学部は「コミュニティ福祉学科」と「保健看護学科」の2学科から構成され、「共に生きる地域社会」の形成に参画できる人材教育を展開します。
hoken_info1
旭川大学学長
山内 亮史
s2-DSC_0117s-470x336
旭川大学保健福祉学部長
信木 晴雄

 若い日の読書に悪書というものはない。世にいう高級雑誌、純文学から低俗本に至るまで全てこれその後の人生の糧となるのである。
これは還暦を過ぎた私の譲れない実感である。面白くてためになる本なら尚更である。
院生時代を含め、いろんな本を読んで来たが、格別に読んで影響を受けたのは五木寛之の作品群であった。
中でも「青春の門」は、あんなに長い未だ書き続けられようとしている本なのに、ページが終わりに近づく度に惜しい思いがいつも残ったものだ。
それは、友人のスノッブ気の多いM君が、いつも自慢気に長篇小説を読んだことを語っていたことと関係する。
彼によれば、小説は重くて厚くて長くて大きい物に限ると言うのである。
それで彼は、「ジャンクリストフ」「戦争と平和」「魅せられたる魂」「チボー家の人々」などを読破したと言うのである。
愚かにも私は、影響されて挑戦するのであるが、「ジャンクリストフ」を除いていつも途中で挫折した。
けれど「青春の門」は全く違った。面白くてためになって我が身にビンビンと入って来るのである。
その中で、当時も今も全く異なる立場で大学生になる意味を考える時味わうように読むセリフがある。
それは「自立篇」で故郷筑豊を後にして、大学生活を始めた主人公、伊吹信介がいう二つのセリフである。
一つは「おれは人間たちとつき合いにきたのだ。おれは自分と同じ世代の若い連中と出会い、世の中のしくみを眺め、そしてその中で自分をどう生きていけばいいのかを求めるためにやってきたのだ、それだけだ」というものである。
そして二つ目は「望郷篇」の中の次のセリフである。
「人間は少しずつ変わるのではなくて、どこか竹の節のようにジャンプするところがあるんじゃないでしょうか。
 今僕はその竹の節にかかっているところかも知れません」というものである。
「出会いとジャンプと私」がテーマであろう。昔ヘーゲルは、一つの学問をくぐることは青春の門をくぐることだと言ったが、大学はその大切な場の一つである。
オープンキャンパスの季節である。今、私は学長として、学生の身になって旭川大学と旭川大学短期大学部を考えるときモットーとするのは、昔「青春の門」を読んで刻んだこの二つのことである。
旭川大学、旭川大学短期大学部オープンキャンパスへようこそ!

保健福祉学部 コミュニティ福祉学科・保健看護学科

地域とかかわり、人々に寄り添う
保健・医療・福祉の専門家になるために人間性を磨き、知識と技術、実践力を養う。

人はみな、病気や障がいがあっても、住み慣れた地域で自分らしく幸せに暮らしたいと願っています。
保健福祉学部では、人間の尊厳とQOL(生活の質)の向上、豊かな地域社会の創造に貢献することをテーマに、医療・保健・福祉のそれぞれの専門分野を学び、高度な知識と技術を修得します。さらに高い人権感覚と倫理観をもち、豊かな人間関係を築きながら地域で生きる人々を支えられる人材を育成します。
保健福祉学部教育目標
  1. 地域をベースに保健・医療・福祉の連携を可能にする知識を持ち、実践力を発揮できる職業人の育成。
  2. 福祉社会の形成とその基盤となるコミュニティを創造するために市民と連携し、保健・医療・福祉のチーム体制を創造できる人材の育成。
  3. 対象者や利用者をかけがえのない尊厳ある人として、倫理観を持って豊かな人間関係を築ける人材の育成。
  4. 在宅施設・機関及び地域の生活支援に関する技術を身につけ、支援を必要とする方々を深く理解しつつ適確な対人援助活動を実行できる人材の育成。
  5. 福祉施設、医療機関、地域保健センター等において、それぞれの分野における法制度、施策体系、経営管理について知識と理解を有するマネージメント能力を持つ人材の育成。
  6. 高い人権尊重の感覚を持った共感的な人間性を有し、エビデンスに基づいた知識と技術を修得し、総合的な視野を備え、根拠に基づき計画的に実践できる人材の育成。
  7. 自ら科学的に探究する基礎能力を持ち、地域さらには国際的な視野から研鑽し続け、柔軟性や応用力を持って看護に貢献できる人材の育成。

コミュニティ福祉学科

学科の特色
「社会福祉士」と「精神保健福祉士」の2つの国家試験受験資格を同時に取得できます。
地域のさまざまなニーズに応えるために、コミュニティ福祉に関する専門知識と高度な技術を身につけるだけでなく、数多くのフィールドに出て、 問題解決能力を磨きます。また、地域社会と積極的な交流を図って地域のまちづくりに貢献できる人材の育成を目指しています。
求める学生像
コミュニティ福祉学科では、将来地域社会をベースに、保健・医療・福祉の連携をめざし、実践を通して主体的に問題を解決する意欲を持った人を求めています。
  • 地域社会をベースとして福祉実践に取り組む意欲のある人
  • 地域社会との積極的な交流を図り、地域に貢献するための活動を展開できる人
  • 町や村を育て、福祉でまちづくりを担う人

保健看護学科

学科の特色
病を患っても住み慣れた地域での生活を望む人が増え、地域医療や在宅看護の充実が必要になってきました。
また、生活習慣病の増加などによって保健指導の重要性も高まり、看護師・保健師の存在が重要視されています。
保健看護学科では、人間性を養う教養科目をはじめ、高度な医学的知識と技術を学び、現代の多様なニーズに対応できる看護師・保健師を養成します。
求める学生像
保健看護学科では、多様化する看護の役割や地域のニーズに応え、看護師・保健師としてさまざまな場面で活躍しようとする
意欲をもった人を求めています。
  • 看護を学びたいと、自ら明確な目標を持っている人
  • 人に関心があり、これから深く学びたいという意欲のある人
  • 人の苦しみや辛さを感じとれる人
  • 人に思いやりを持ち、関わりができる人

TOP