パスワードのリセットをリクエストしますか?

保健福祉学部 コミュニティ福祉学科 3つのポリシー

保健福祉学部 コミュニティ福祉学科 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)
人びとのより良い暮らしに寄与する福祉人材の育成を目指し、人びとを支援するための専門的かつ協働的な実践力を身に付け、地域社会における福祉の向上に寄与する能力を修得した者に学士(コミュニティ福祉学)を授与します。学生は卒業要件に定めた所定の単位を修得した後、福祉課題に主体的に取り組み、人びとの健康で幸福な生活を考えることができる知識と技術を評価します。学習を通じて得られた知識・技術・意欲については、学科試験と研究成果のプレゼンテーション等によって評価します。本学科卒業者は、福祉関連施設をはじめとして、自治体職員、社会福祉協議会、地域包括支援センター、NPO等地域福祉の向上に寄与する多様な現場で活躍しています。
  1. 知識・理解
    • 人権と社会正義の原理に基づく福祉の援助観を理解し、地域社会における諸問題を解決する福祉の基本的な考え方、支援の方法等に関する知識、つまり人間の存在そのものについて理解することができる。
  2. 技能
    • 人間が直面している生活課題を多様な側面から理解し、課題解決を支援するための専門的知識・技術を身に付けている。
  3. 態度・志向性
    • 高い倫理観と責任を自覚し、福祉的な支援を求める人びとを共感的に理解し、効果的なコミュニケーションを取りながら、生活課題の解決に主体的、実践的に取り組むことができる。
  4. 総合的な学習経験と実践力
    • 福祉専門職に必要な価値・知識・技術を身に付けた上で、個人や家族、地域住民、地域社会、制度や政策において生起する諸課題に対して、対象となる者や専門職と協働しながら根拠に基づいた実践を展開することができる。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
本学科では、福祉社会の形成基盤としてのコミュニティに対する問題意識を養うため、「教養科目」「専門基本科目」「専門展開科目」を体系的に配置するとともに、演習系科目や実習科目を1年次から系統的に開講します。
  1. 「教養科目」(1年~2年次)
    • 家族と地域という人間生活の基礎構造(土台)を学び、地域に生きる多様な人びとを理解しつつ、人間観・倫理観を養うための教養科目として、「家族社会学」「地域社会学Ⅰ」「生活構造論」「倫理学」等を必修科目に位置づける。
  2. 「専門基本科目」(1年~4年次)
    • コミュニティ福祉の基本理論として、地域に生きる多様な人びとの課題解決に主体的、実践的に取り組むための専門的知識を学ぶため「社会福祉原論Ⅰ・Ⅱ」「高齢者福祉論Ⅰ・Ⅱ」「障害者福祉論Ⅰ・Ⅱ」「児童福祉論Ⅰ・Ⅱ」「地域福祉論Ⅰ・Ⅱ」等を必修科目に位置づける。
  3. 「専門展開科目」(1年~4年次)
    • 社会福祉士および精神保健福祉士に必要な技術を、演習、実習を通じて修得する。福祉的な援助の技術と方法を理解して、地域に根ざした福祉学を統合し、「相談援助の理論と方法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」「相談援助実習」「コミュニティ調査実習」「地域社会学Ⅱ」等を必修科目に位置づける。
      「相談援助実習」などの福祉実習科目では、福祉専門職として必要な専門知識・技術・価値、及び関連知識を深め、それらを活用して相談援助業務に必要な資質・能力・技術を習得する。 また、事後学習でフィードバックや考察を行い、その成果を報告書にまとめ、実習報告会で発表する場を設ける。そして、コミュニティ形成に貢献できる高度のマネジメント能力、個別ニーズに沿った援助、地域福祉計画策定や地域組織化等の能力を身に付ける。
      さらに、「コミュニティ調査実習」では、「地域に根ざし、地域を拓き、地域に開かれた大学」という本学の理念に基づいて、コミュニティの現状と問題を把握し、福祉コミュニティの構築や問題解決に貢献する人材養成を目的とした科目として、学生が、自ら社会調査を企画、実践して、収集したデータを分析し、考察結果を発表する実践的な研究を行う。
アドミッション・ポリシー(入学者の受入れ方針)
コミュニティ福祉学科では、人びとを支援するための専門的かつ協働的な実践力を身に付け、地域社会における福祉の向上に寄与できる人材の養成を目指します。以下のような人を求めます。
  1. 人びとが日常の生活で抱える困難や問題に興味と関心を持ち、福祉領域における最先端の専門知識、技術、態度を身に付けて生活課題の解決に寄与、貢献したいと考えている人
  2. 人と人との関わりを理解することを通して生活課題の解決に取り組み、コミュニティや社会と関わりたいと考えている人
  3. 自身の知的関心を高め、問題を発見し建設的、創造的に考える力さらに対人コミュニケーション能力を向上させて自己の成長を図りたいと考えている人
「多様な選抜方式の趣旨」
コミュニティ福祉学科では、推薦入試、AO入試(福祉系高校特別選抜、福祉人材養成奨学生選抜)、試験入学試験、大学入試センター試験の他、社会人入試等、多様な入学者選抜方式を採用し、これにより多様な人材を受け入れます。
<推薦入学試験>
高等学校での活動において優れた点を持つと学校長が認めた生徒について、福祉への興味・関心と対人コミュニケーション能力や、大学で学ぶ意欲やさまざまな状況に立ち向かう積極性・誠実さを面接試験によって評価する。また、公募制推薦入学試験では、思考力、表現力を小論文によって評価する。
<AO入学試験・福祉系高等学校特別選抜試験・福祉人材養成奨学生選抜試験>
将来の目標や自分のやりたいこと等の方向性および学習意欲を面談と出願用レポートによって評価する。特に、福祉人材養成奨学生選抜においては、本学卒業後、福祉専門職として主体性を持って活躍する強い意志を面談と出願用レポートによって評価する。
<一般入学試験>
本学独自の学力試験を行い、本学で学ぶにあたって必要となる基礎学力を国語・英語の2科目によって評価する。
<大学入試センター試験利用入学試験>
本学で学ぶにあたって必要となる基礎学力を大学入試センター試験の試験科目のうち、国語・英語の2科目によって評価する。
<社会人入学試験>
コミュニティ福祉に強い関心と意欲を持つ人について、社会人としての活動や経験を活かした問題意識および具体的な学習計画を小論文・面接試験によって評価する。
<編入学試験>
編入学試験においては、他大学等における修学によって培われた知識・技能を重視し、本学科の専門分野への強い関心と学ぶ意欲を小論文・面接試験によって評価する。
コミュニティ福祉学科に入学するまでに学んできてほしいこと
入学を希望する人は、高等学校において、英語・数学・国語を中心とした基礎学力を身に付けておいてください。英語・数学・国語の基礎学力は、次のような理由から必要になります。英語の基礎学力は、大学において国際的なコミュニケーション能力を本格的に養うために必要です。数学の基礎学力は、数学的な推理能力や論理的な能力を必要とする専門科目の講義を受けるために必要です。国語の基礎学力は、講義やゼミナールで文献を読んだり、レポートを書いたり、自分の意見を表現するために必要です。
TOP