パスワードのリセットをリクエストしますか?

佐々木 千夏

佐々木 千夏(ささきちなつ)  幼児教育学科 准教授

【最終学歴、学位】
平成23年3月 北海道大学大学院教育学院博士後期課程修了 博士(教育学)

【学会および社会における活動等】
現在所属の学会
北海道社会学会、日本教育社会学会、日本家族社会学会、日本子ども社会学会

【研究分野】
教育社会学

【研究内容のキーワード】
不登校、教育問題、エスニシティ

【職務上の実績に関する事項】
平成23年11月 専門社会調査士取得(第001743号)

【研究業績等に関する事項】
著書(共著)
平成21年12月 小内透編著『講座トランスナショナルな移動と定住 第2巻 在日ブラジル人の教育と保育』御茶の水書房(執筆担当部分:46-51、56-64頁)

学術論文(査読あり)
平成21年7月 「不登校経験者の母親にみられるアンビヴァレンスの変容に関する一考察―学校に行く/行かないをめぐる相克に着目して」(単著)『子ども社会研究』15号 193-204頁
平成22年6月 「ブラジル人学校生徒および保護者の将来思考とその規定要因」(濱田国佑との共著)『現代社会学研究』23巻 61-76頁
平成22年12月「アンビヴァレンス体験としての不登校問題―北海道内の親の会を対象として」(単著)『家庭教育研究所紀要』32号 74-82頁
平成23年3月 『「その後」からみる親にとっての不登校問題―北海道内の親の会を対象として』(博士学位論文)北海道大学
平成23年6月 「構成員からみる不登校の親の会の変化と現在―北海道内の親の会を対象として」(単著)『現代社会学研究』24巻 7-21頁

報告書(査読なし)
平成24年3月 「アイヌの人々への差別の実像―生活史に刻まれた差別の実態」(単著)『北海道アイヌ民族実態調査報告書その2』143-156頁
平成25年3月 「博物館と劇場を通じたサーミの復権」(単著)『調査と社会理論・研究報告書』29 66-77頁
平成25年3月 「アイヌ差別の諸相―民族差別と民族内差別」(単著)『調査と社会理論・研究報告書』30 38-50頁
平成26年3月 「アイヌであることと被差別経験」(単著)『調査と社会理論・研究報告書』31 116-130頁
平成27年3月 「サーミ高校における教育の現状」(上山浩次郎・小野寺理佳との共著)『調査と社会理論・研究報告書』32 61-122頁(執筆担当部分:61-72、110-120頁)

TOP