パスワードのリセットをリクエストしますか?

和島 孝浩

和島孝浩(わじま たかひろ) 生活学科食物栄養専攻 准教授

【最終学歴、学位】
2007年3月 愛媛大学大学院連合農学研究科 生物資源生産学専攻 修了 博士(農学)

【研究分野】
農学/農業工学/農業環境・情報工学
複合領域/生活科学/家政・生活学一般

【研究キーワード】
農業生産環境、生物環境調節、食品化学、食品工学、食品と調理、食生活と健康

【研究テーマ】
過疎集落における食糧資源の加工商品化の可能性に関する研究

【学会および社会における活動等】
(所属学会)
園芸学会、日本生物環境工学会、美味技術学会、日本食育学会

(社会における活動等)

  • 旭川大学 高大連携・生涯学習事業(2013年4月~)
    講演テーマ:「水俣病を通してフクイチを考えよう」「安心・安全な食べ物って何だろう」

  • カムイサイエンスパートナー運営委員委(2014年4月~2015年3月)
  • 北海道集落総合対策モデル事業「母子里地域づくり協議会」アドバイザー(2014年12月~2015年3月)

【研究業績等に関する事項】
(著書)

  1. 西瀬,檜垣,和島:はじめて学ぶ健康・栄養系教科書シリーズ⑪食品衛生学,化学同人,2017年.
    (学術論文)
  1. 大崎,安藤,和島:ムスリム観光客のお土産(お菓子)ニーズの分析,旭川大学地域研究所年報40,2019年.
  2. 和島,佐々木,椎名,北島:社会人基礎力を用いたディプロマポリシーの検証法,旭川大学短期大学部紀要49,2019年.
  3. 和島,多田,安藤:道北地域の過疎集落の維持・再生に関する一考察~幌加内町母子里地区の取り組みについてコンテナカフェ事業を中心に振り返る~旭川大学短期大学部紀要47,2017年.
  4. 佐々木,綱島,和島,村中,若杉,島崎,加藤:旭川大学短期大学部の卒業生の動向と仕事に関する調査~離職者の実態に注目して~旭川大学 短期大学部紀要47,2017年.
  5. 和島:天然物と栽培物のギョウジャニンニクの機能性成分の違いについて,旭川大学短期大学部紀要46,2016年.
  6. 和島:地域食材を知る~比布町のイチゴ~,旭川大学短期大学部紀要46,2016年.
  7. 和島:施肥量の違いがミズナの機能性成分,呈味成分および嗜好特性に及ぼす影響,旭川大学短期大学部紀要45,2015年.
  8. 和島:ミズナの生育および硝酸イオン濃度の季節変化,旭川大学短期大学部紀要44,2014年.
  9. 和島,上野,深田,工藤,三牧,中嶋,北野,松添:味覚センサ分析によるトマト果実の食味評価の検討,美味技術研究会誌11,2012年.
  10. 松添,川上,中嶋,和島,北野:園児を取り巻く食環境の現状,保育と健康18,2012年.
  11. 川上,中嶋,和島,北野,松添:保育園における食育の実態調査,保育と健康18,2012年.
  12. 近藤,和島,森,松添:メロン‘プリンス’の糖,アミノ酸,アスコルビン酸,およびβ-カロテンの分析,農業生産管理技術学会誌19,2012年.
  13. 森,藤吉,稲田,松崎,和島,松添:Rastonia solanacearumの無病徴感染による感受性ナスの青枯病発病抑制,農業生産管理技術学会誌18,2011年.
  14. 川信,和島,圖師,森,松添:イチゴ果実の糖,有機酸およびアミノ酸含量の果実生育時期による変動,農業生産管理技術学会誌17,2011年.
  15. Kawanobu,Zushi,Wajima,Chikushi,Mori,Kondo,Matsuzoe:The effect of dark treatment on anthocyanin composition and content of strawberry fruit,Journal of Food, Agriculture & Environment 9,2011年.
  16. Kawanobu,Wajima,Zushi,Mori,Matsuzoe:Seasonal variations in the maturation period, anthocyanin content, and ascorbic acid content in strawberry fruit,Environment control in biology 48,2010年.
  17. 日髙,ユディ,和島,佐合,安武,丸居,圖師,松添,北野:濃縮海洋深層水の高品質トマト水耕栽培への有効利用5.短期塩ストレス処理の多段栽培への応用,生態工学会誌 22,2010年.
  18. 日髙,北野,和島,荀,佐合,安武,圖師,松添:濃縮海洋深層水の高品質トマト水耕栽培への有効利用4.抗酸化機能,アミノ酸代謝および食味に対する短期施用の効果,生態工学会誌21,2009年.
  19. Araki,Watanabe,Wajima,Kitano,Nakano,Okano:Short-term application of the concentrated deep seawater for production of high quality tomatoes by single-truss and high density cultivation,Environment control in biology 47,2009年.
  20. 日髙,北野,和島,安武,アッファン,佐合,松岡,石川:濃縮海洋深層水の高品質トマト水耕栽培への有効利用 3.根の養水分吸収および葉の光合成に対する短期施用の効果,生態工学会誌21,2008年.
  21. Kitano,Wajima,Hidaka,Sago,Yasutake,Araki,Ishikawa,Matsuoka,Zushi, Matsuzoe:High quality tomato production by a suitable application of the concentrated deep seawater,Acta horticulturae 801,2006年.
  22. 和島,荒木,北野:濃縮海洋深層水の高品質トマト水耕栽培への有効利用2.果実への師部輸送に対する短期施用効果,生態工学会誌18,2006年.
  23. 和島,荒木,北野,松岡,石川,河野:濃縮海洋深層水の高品質トマト水耕栽培への有効利用1.果実品質に対する短期施用の効果,生体工学会誌18,2006年.
  24. Kitano,Yasutake,Kobayashi,Hidaka,Wajima,Wang,He:Dynamics of water and ion transport driven by corn canopy in Yellow River basin,Biologia 61,2006年.
  25. Kitano,Yasutake,Kobayashi,Hidaka,Wajima,Wang, He:Evaluation of canopy transpiration rate by applying plant hormone abscisic acid,Biologia 61,2006年.
  26. Affan,Kitano,Yasutake,Wajima,Yasunaga:Study on root absorption responding to environmental stress by using hydroponic systems,Phyton 45,2005年.
  27. Affan,Wajima,Yasutake,Hidaka,Kitano:High temperature effect on root absorption,Journal of agricultural meteorology 60,2005年.
  28. Yasutake,Affan,Wajima,Hidaka,Kitano,Maki:System for evaluating root uptake capacity in relation to phytoremediation,Journal of agricultural meteorology 60,2005年.
  29. Araki,Eguchi,Wajima,Yoshida,Kitano:Dynamics analysis of growth, water balanced sap fluxes through phloem and xylem in a tomato fruit: short-term effect of water stress,Environment control in biology 42,2004年.
  30. 安武,北野,安永,和島,アッファン,濱古賀,真木:根における水および元素の吸収速度の動的評価,生態工学会誌16,2003年.

TOP