パスワードのリセットをリクエストしますか?

ニュース

【満員御礼】熊川哲也氏講演会「自然が育む感性 -明日への一歩」(2022年度旭川大学AEL事業)」

2022年08月30日 火曜日 / カテゴリー ニュース

2022年度 旭川大学AEL事業

熊川 哲也氏 講演会

9/5(月)「自然が育む感性 -明日への一歩」

c?Hidemi Seto / Dance Magazine

 

お申し込みは満員となりました、誠にありがとうございます。


ご質問・メッセージは下記ボタンをクリックしてください。

※こちらはお申し込みではございません。



これから新しいことに挑戦し、第一歩を踏み出そうとしている
全ての方々へエールを贈るイベントを企画しました。
本講演は、北の大地で育ち世界で活躍している熊川哲也氏を講師に迎え、
自ら未来を切り拓いた経験を語っていただきます。
事前に熊川氏への質問を市民の皆さまより広く募集し、
それらを元にインタビュー形式でお話しを伺っていきます。

次年度から新しいスタートをきる本学が
未来を担う人たちへ伝えたいメッセージとして、
2年余りのコロナ禍で様々な機会を失ってきた方々の
「はじめの一歩」を後押しする場となれば幸いです。

たくさんのみなさまのご参加をお待ちしております。


日時:2022年9月5日(月)18:30~20:00(開場 18:00)

場所:旭川市音楽堂(大雪クリスタルホール/旭川市神楽3条7丁目)

主催:旭川大学・旭川大学短期大学部・旭川大学後援会
協力:UHB北海道文化放送・株式会社カンディハウス

入場料:無料事前申込制・500名様限定(先着順)※満員となりました。
対象の方:北海道にお住まいの方に限らせていただきます。
(お申込みはご本人と同伴者の計2名様までご予約できます)。

お申込みの流れ:

  1. 整理券を兼ねた体調管理チェックハガキを郵送します。(同伴者の方の分は代表者の住所に封書で送付します)
  2. 整理券を兼ねた体調管理チェックハガキにご記載の上、当日会場にご持参ください。


熊川哲也氏 プロフィール

熊川 哲也(くまかわ てつや)Tetsuya Kumakawa

K-BALLET COMPANY 芸術監督

 

北海道旭川市生まれ。

1987年、英国ロイヤル・バレエ学校に留学。

89年、ローザンヌ国際バレエコンクールで日本人初の金賞を受賞。同年、英国ロイヤル・バレエ団に東洋人として初めて入団。

91年には同団史上最年少でソリストに、93年にプリンシパルに昇格。主要なレパートリーで数々の名演を残し、名実共に世界的ダンサーとしての評価を確立する。

98年、英国ロイヤル・バレエ団を退団。翌99年、K-BALLET COMPANYを設立。以来、芸術監督/プリンシパルダンサーとして団を率いるほか、演出・振付家としても才を発揮し、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「海賊」など全幕古典作品の演出・再振付や、台本から手がけた完全オリジナル全幕作品「クレオパトラ」や「蝶々夫人」「カルミナ・ブラーナ」などの新作を数多く上演している。

また、劇場音楽を専門とするシアター オーケストラ トーキョーの設立、後進の育成機関として2003年にK-BALLET SCHOOLを創設、関東に6つの学校を開校するなど、総合芸術としてのバレエを多角的にサポートする組織を運営。

2012年1月、Bunkamuraオーチャードホール芸術監督に就任。

主な受賞は、05年第55回芸術選奨 文部科学大臣賞(舞踊部門)、15年第24回モンブラン国際文化賞、18年毎日芸術賞特別賞、21年第5回井上靖記念文化賞など。

2013年、紫綬褒章受章。

https://www.k-ballet.co.jp/



自然が育む感性 -明日への一歩(PDF [318kb])

TOP