旭川大学・旭川大学短期大学部 | 大野剛志ゼミナール(3年専門ゼミ) 5/23 第4回活動報告「研究テーマの決定」

パスワードのリセットをリクエストしますか?

大野ゼミ

大野剛志ゼミナール(3年専門ゼミ) 5/23 第4回活動報告「研究テーマの決定」

2018年05月30日 水曜日 / カテゴリー 大野ゼミ

・第4回3年ゼミナール活動を行い、3年生大野ゼミナールのテーマが決まりました。

・テーマは「障がい者とまちづくり~多文化共生・ノーマライゼーションの観点からの検討~」に決まりました。次回は、調査地域の設定をします。

・私は、「公益財団法人アイヌ民族文化財団」(アイヌ文化財団)が行う、青少年国際文化交流研修事業に応募申請し、日本代表として、今年1月に、「ハワイの文化研修」に参加しました。

・ハワイといえば、ハワイ王カメハメハ1世があまりにも有名ですが、ハワイでは先住民をはじめ様々な国の人々がそれぞれの文化を取り入れ、分け隔てなく生活していることを目の当たりにしました。

・この研修への参加経験を経て、今、私は多文化共生について興味を持っています。それは日本でも同じように先住民のアイヌをはじめ様々な人びとが共に暮らしていくことができるのではないかと思ったからです。

・福祉といっても高齢者や障がい者ばかりではなく地域つくりとして、私たちを含めすべての人が住みよいまちを目指すことが大切なのではないでしょうか。

2018年5月22日

 

大野ゼミナール

3年 片山 駿希(かたやま しゅんき)

TOP