旭川大学・旭川大学短期大学部 | ¨地域ふれあい研究会¨ 熱中症と脱水予防のおはなし

パスワードのリセットをリクエストしますか?

三谷研究室

¨地域ふれあい研究会¨ 熱中症と脱水予防のおはなし

2018年06月10日 日曜日 / カテゴリー 三谷研究室

6/10㈰ 初夏を迎える6月、屋内外で活動される方々にとって日差しの強い日も増えてきました。今回、地域ふれあい研究会では、「熱中症と脱水予防」についての講話と認知症予防と指の運動が期待できるゲームを企画しました。

口腔体操の後、嚥下チェックの場面では自身の飲み込み評価の点数に興味を示していただき、その後、学生手作りの「季節カード」による絵合わせゲーム(神経衰弱)を実施させて頂きました。

女性、男性も身を乗り出してカードをめくり、真剣な表情。ワイワイ会話も増え、遠いカードをめくる時は声を掛けながらチームワークもみられ盛り上がりをみせていました。

「昔はおもちゃなんてない時代。よく手作りでなんでも作った。」「カード混ぜてわからなくしちゃうよ」等、笑いが絶えない時間を過ごすことが出来ました。

農村地域特有の隣近所までの距離や、同居であっても日中会話がない等、高齢者の交流を阻害する要因はさまざま。今回のゲームは評判も良く、みんなでワイワイ会話をしながら何かを一緒にする機会や、人とつながることの重要さを学生共々感じた一日でした。

ご協力いただきました、サンライズの皆さま、地域包括支援センターの皆さま、ありがとうございました。

(教員 三谷)

TOP