旭川大学・旭川大学短期大学部 | 和寒町「第33回三笠山夜桜まつり」で宴を満喫(5月の話題)

パスワードのリセットをリクエストしますか?

江口ゼミ

和寒町「第33回三笠山夜桜まつり」で宴を満喫(5月の話題)

2018年08月12日 日曜日 / カテゴリー 江口ゼミ

場所 和寒町・三笠山ふれあいのもり

日時 5月11日(金曜日)

 

和寒町で行われた「第33回三笠山夜桜まつり」を楽しんできました。昨年、江口先生が座長を務めていた商店街活性化事業の一環で、和寒商工会が開催したワークショップ(WS)に参加したのが縁となって、同商工会の方からお誘いを受けたものです。

会場は平成26年に誕生したイベント拠点の「ふれあいのもり」です。和寒町の4大イベント(①三笠山夜桜まつり、②どんとこい!わっさむ夏まつり、③パンプキンフェスティバル、④極寒フェスティバル)が開催されています。敷地面積は約16,000㎡と広く、当日は約1,000人が集まり、大いに盛り上がっていました。正直これほど大勢が集まるとは予想していなかった私は、度肝を抜かれました。

当日の夜は気温が下がり少し肌寒く感じましたが、そんな中、口にしたのが和寒町・金子精肉店の「和寒ジンギスカン」です。七輪で焼くジンギスカンは独自のタレが染み込み、寒さなんてぶっ飛んでしまうくらい美味しかったです。そんなお肉に喰らい付きながら、ステージで繰り広げられるお笑いコントや入場券の番号による豪華景品の抽選会なども楽しみました。

音楽好きの私が聴き入ったのが、シンガーソングライターのJUNさんによる弾き語りです。JUNさんは北海道中心に活動中の女性ソロ歌手で、2016年HBC主催第4回ノンプロバトルコンテストにてグランプリを受賞しています。無名の頃から、この和寒の桜祭りで歌っていて、和寒町は第二の故郷だとのことです。ジンギスカンでお腹は満たされ、歌声で耳も癒され、もう言うことなし。

和寒商工会の皆様、このようなイベントにお招きいただき、ありがとうございました。そしてこの記事をご覧のみなさん、来年の夜桜は和寒で!美味しいジンギスカンは和寒で!JUNさんの歌声は和寒で!ぜひ和寒町までお出かけ下さい。(旭川出身 2年 岩井柊弥)

 

 

 

 

TOP